医療機器向け 持続可能で
丈夫で清潔なマーキング

医療業界の商品のサイズと重量は、最新の発展によって最小化されてきました。これに伴い、医療機器の個体識別とトレーサビリティの実現は困難になってきました。カヨの新しいレーザーマーキング技術は、完全に清潔で衛生的な表面を作るという、高い要求を満たすことができます。カヨのレーザーマーキング装置によるレーザーマーキングは、個体識別マーキングの政府規則にも従っています。
カヨは、トレーサビリティや個体識別のマーキングのための革新的で費用対効果の高いソリューションを提供します。素材の表面構造を変化させることでマーキングをするため、添加物や着色料を一切使用しません。従来のレーザーやその他のマーキング技術に比べ、著しく高速な処理ができます。また、小さくて細かいものから大きなものまで、あらゆるサイズのマーキングに対応できます。

国際水準を満たすトレーサビリティマーキング

カヨの技術は、製品の安全性を保証する独自の方法を、貴社の生産ラインに統合して提供することができます。個体識別やトレーサビリティのマーキングや、金属やプラスチックへのマーキングに使用された方法は、費用対効果が高く非常に高速で、400m/分にも達しました。また、この方法を使用すれば、マーキングが温度、湿度、洗浄方法などの様々な条件の影響を受けなくなります。さらに、表面を傷つけないため、バクテリアや細菌の繁殖を防ぐこともできます。
アメリカでFDAが、流通や使用を通して適切に医療機器の個体識別を行う個体識別システムを確立させつつあります。ヘルスケア・サプライチェーンが医療機器のマーキングや識別をするために、この個体識別(UDI)システムを利用しています。GS1は個体識別システム(UDIs)の発案者として、FDAにより認定されています。

 

GS1 logo

Cajo Technologies is an official partner of the global GS1 organization.

カヨ・マーキングソリューションは、これらの企業によって医療機器に活用されています。

 

sartoriusmectalentoptomedsensapex