マーキング装置のアップデートが、コスト削減につながります

カヨのマーキング装置は、幅広い素材や商品にカラーマーキングが可能な独自のマーキング技術です。従来のマーキング技術に比べ極めて優れているのは、1つの装置で異なる対象物に様々な目的のマーキングを施すことができるという点です。また、添加物や着色料を使用しないほか、高速で、少ない電力での運用が可能です。さらにランニングコストが低く、処理工程において廃棄物は一切発生しません。

_MG_0206_web

CAJO_Mira

あらゆる産業分野に統合可能です

カヨのレーザーマーキング装置は他の産業機器に統合できます。独立型システムとして、またはお客様の生産ラインに統合して、納品することが可能です。カヨのレーザーマーキングは、インクジェットのような従来のマーキング技術に代わる効果的な技術です。すでに金属工業、医療用機器メーカー、消費財メーカー、ケーブル産業、電気ハーネス産業、海洋業、水圧サービス業、宝石類装飾業など、数々の業界で非常に便利だということが証明されています。

カヨ・レーザーで置き換え可能なマーキング技術

カヨのマーキング装置は高速で費用対効果が高く、以下のマーキング技術よりも柔軟性に優れています。

・従来のレーザー
・ラベル
・彫刻
・スクリーン印刷
・パッド印刷
・エッチング
・スタンピング
・成形マーキング
・インクジェット

_MG_0530_web