国際基準を満たす、表示とトレーサビリティのマーキング

カヨは表示やトレーサビリティのマーキングのための、革新的で費用対効果の高いソリューションを提供します。
カヨの特許技術を用いたマーキング装置は、集光レーザービームシステムに基づいたもので、非常に正確でほぼ永久的なマーキングを可能にします。従来のレーザーやその他のマーキング技術に比べ、非常に高速なマーキング処理ができます。

このカヨの技術は、ほぼ全ての素材へのマーキングに使用可能です。QRコードやデータマトリックスのような二次元マーキングなど、表示やトレーサビリティのマーキングのための包括的なソリューションです。さらに、カヨのマーキングシステム(カヨ・キャド、カヨ・マーク、カヨ・クラウド)は、生産システムに統合することもできます。

GS1のグローバルパートナー

国際基準協会のGS1に基づき、バーコードやQRコードなど50億以上の追跡ラベルが毎日スキャンされています。つまり2百万以上のメンバー企業が製品の個体識別のためにこの水準を活用しているということです。

カヨはGS1 のオフィシャルパートナーであり、トレーサビリティのために技術を提供している主要企業の一つです。

Title

 

 

 

 

 

GS1 logo

カヨのマーキングは以下のマーキング技術に比べ、高速で費用対効果の高い技術です。

・従来型レーザー
・ラベル
・彫刻
・インクジェット
・スクリーン印刷
・パッド印刷
・エッチング
・スタンピング
・成形マーキング

カヨ・レーザーマーキングシステムの特徴

・安定しており、正確で、再現性が高いため、商品の複雑なマーキングに適しています。
・素材を劣化させません-カヨ・レーザーを使ったステンレスへのレーザーマーキングを、ISO9227に基づきテストしました。
・極小のものから大きなものまで、あらゆるサイズのマーキングが可能です。
・添加物や着色料を使用しないため、環境に優しい技術です。 他のマーキング技術はインクや化学薬品を使用するためコストがかかり、また産業廃棄物のさらなる処理が必要となります。

CAJO_Stella_ohjauspaikalla isompi, webbiin